2014年09月

積み重ね

塾は小学生から教えている。実際、高校生や浪人の面倒を見る塾は田舎は少ない。だから、高校生や浪人の比率が高くなる。大学受験でも高3になって入ってくる子も多い。高3から入っても、急激に伸びる子もいるし、受かる子もいる。だから…

参考書オタク

参考書が好きな人間がいる。参考書オタクだ。参考書をいっぱい持っている。今度は、この人がこんな本を出すとか、この本のここと似た問題が、大学入試に出たとかやたら詳しい。何でそこまでと言うくらいどうでもいいことは知っているが、…

強烈な作文

大分前のこと。高校2年生が塾に来て、面白い作文があるから見てほしいと言う。百人一首の感想文だった。塾生の一人が書いたのが面白いから見てくれと言うことだった。クラスの全員が、百人一首の一首について自分の感想を書くというもの…

二面性

裏表とか正反のように、物事にはたいてい二面性があると考えるほうがいいと思う。何でもいいことずくめもないし、悪いことだらけとかもない。病気でも悪いことだけではない、生活習慣を変えるといいこともあるし、健康の大切さを再確認す…

消火器

塾を長くやっているといろんなことがあった。もう大分経ったことで記憶に残っているのは、出来事だけだ、もう20年以上まえのことだが、強烈だったのでよく覚えている昔は,五階立てのビルの4階を借りていた。廊下側に男子便所があり、…